大正11年 10月31日、父喜多流能楽師・粟谷益二郎。母スエの次男とし 
       て、東京新富町で生まれる。

大正14年 『鞍馬天狗』子方で初舞台

昭和9年  喜多流15世宗家喜多実に師事し、能楽師の道へ。
      後に14世宗家喜多六平太に師事。

昭和28年 『道成寺』を披く

昭和29年 第1回能楽渡欧団(初の海外公演)の一員としてヴェエニス国際演
      劇祭に参加

昭和37年 「粟谷兄弟能」(昭和56年「粟谷能の会」を主宰)

平成3年  『卒都婆小町』を披く

平成4年  観世寿夫記念法政大学能楽賞受賞

平成6年  『伯母捨』を流儀百八十年ぶりに復曲上演

平成7年  双光旭日章受賞

平成8年  重要無形文化財「能シテ方」各個指定保持者(人間国宝)に認定

平成12年 日本芸術院賞受賞

平成15年 日本芸術院会員に選出

平成17年 日本能楽会長に就任

平成18年 10月11日逝去、戒名 玄能院妙謡菊生居士