粟谷能の会
粟谷能の会  »  ニュース Welcome to 粟谷能の会. [Login] [Register]

投稿者: akio 投稿日時: 2005-7-29 10:06:41 (2260 ヒット)

本日、7月29日に粟谷浩之氏に男子が誕生いたしました。
名前は粟谷僚太と命名されましたので、ご報告いたします。

浩之さん、おめでとうございます!!


投稿者: akio 投稿日時: 2005-7-25 22:41:09 (2850 ヒット)

最近の少子化問題。喜多流も無縁ではない、次第に影響が出そうで心配だ。
「そのときはそのとき、どうにかなるでしょう」と大らかに構えている方もいらっしゃるが、問題は深刻で私は危機感を覚える。

結婚をしない女性、しても子供は生まない夫婦、生んでも一人で充分と考えれば、いずれ急激な減少が来るのは明らかで、計算上の答えは出ているといっていい。

喜多流では少し前まで小さな男の子にめぐまれなかったため、子方が登場する曲目の上演が出来ない期間があった。最近は40代、30代の諸君が奮起して、かわいい優秀な男の子を育ててくれて以前より多く子方の出る曲目が番組に載るようになった。実に喜ばしいことだ。しかし流儀の人間だけで考えても、約10名の能楽師に後継者がいないので、20年後、30年後の流儀の行く末が不安である。

例えば粟谷家を例にとると、祖父粟谷益二郎から四人の男兄弟が生まれ皆この道に入ったが、その後はそれぞれに一人の息子が後を継ぎ、現状は四人の兄弟が四人の従兄弟に変わっただけである。その後となると今のところ私の息子が一人いるだけ。近々浩之君がパパになるのが嬉しいニュースだが、子供たちの代がどうなるかは定かではない。

私もつい「男の子が生まれた、良かったね」といって大喜びしてしまうが、子方時代ならともかくその先は未定だから、その子をすぐに流儀の人とカウントするのはすこしセッカチかもしれないと反省している。

世阿弥は「継ぐをもって家とす」と正しい伝承のあり方を説いている。やる気があり、才能があれば名跡に拘らず、どんどん他の世界からもこの能楽喜多流の世界に入ってきてもよい時期が到来したのではと思う。それにはこちらの受け入れ体制の準備が必要だろう、なにしろ芸の伝承・習得には時間がかかり、指導者の選定は将来を左右する重要な事項だ。一般に家の子と言われる子どもたちの強みは、幼児の頃から舞台を踏んできた経験の豊富さで、後から追い越そうとする者には大変なハンディである。しかしそれも、好きであること、やる気させあれば必ず追い越せるという信念を持てば可能だ。

これからは喜多流の職分会も進んで入門希望者を受け入れたらどうだろうか。いままで重く開こうとしなかった扉を将来の流儀を考える者が汗をかいて押さないといけないと思っている。それがよい刺激となり、家の子たちも弛んで胡坐をかいてはいられなくなるだろう。お互いにライバル意識を持って精進し、流儀の発展に尽くせばよいのである。よい喜多流とは内部改革から始めないといけないと思い始めている。



投稿者: akio 投稿日時: 2005-7-21 11:49:37 (2335 ヒット)

毎年恒例になりました、能楽協会主催の体験型ワークショップが今年も8月23日(火) 
第一部10時、第二部14時からの二部制で国立研修舞台にて行われます。
参加費無料! 応募お待ちしております。


投稿者: akio_d 投稿日時: 2005-6-10 20:12:00 (2878 ヒット)

カルチャースクール産経学園の新宿校・自由ケ丘校では夏の新規受講生の募集が始まります。
初めて謡曲や仕舞に親しむ初心者の方から経験者の上級者まで受講生の技量に合わせて指導いたします。
教師、粟谷明生・内田成信(自由ケ丘校のみ)


指導内容 
(謡曲)団体稽古にて初心者は祝言小謡、土蜘蛛、橋弁慶などの教本を元に指導します。個人稽古ご希望の方はお申し出下さい、ご相談の上対応可能です。
(仕舞)個人稽古にて初心者は『湯谷』『猩々』から指導します。
※新宿校(謡曲・仕舞)
7月分、7月1日、7月15日、7月22日
8月分、7月29日、8月19日、8月26日
9月分、9月9日、9月16日、9月30日
一科目¥22680
二科目¥34020
いずれも維持費¥945(3ヶ月分が別途必要となります)

※自由ケ丘校(謡曲のみ)
7月分、7月7日、7月14日、7月21日
8月分、8月4日、8月11日、8月25日
9月分、9月8日、9月15日、9月22日
一科目¥22680
維持費¥945(3ヶ月分が別途必要となります)


投稿者: akio 投稿日時: 2005-6-1 13:52:02 (2673 ヒット)

宇都宮に指導教授中の粟谷能夫が宇都宮文化会館大ホールにて『白田村』を勤めます。開演13時です、人気狂言師野村萬斎の『入間川』もございます。
ご来場お待ちしております。

チケットご希望の方は粟谷能の会ホームページ演能予定よりお入り下さい。


« 1 ... 19 20 21 (22) 23 »